CATEGORIES
著書
気づきの投資術
気づきの投資術
(Amazon 1位獲得)




楽天で探す
楽天市場


<< リーダーという者 | main | 新田ヒカルを「学歴詐称」と捏造 名誉棄損でライター書類送検、有罪 >>
いよいよ明日から、東証の取引時間が拡大
いよいよ明日から、東京証券取引所の現物市場、派生商品市場における取引時間が拡大となります。

以前から、東証さんにお話しや資料を頂戴していたのですが、他の仕事の処理がしきれなくなってしまって、お知らせがぎりぎりになってしまいました。

変更項目は多岐にわたるため、詳細はこちらをご覧下さい。

このブログでは、私たちになじみ深い、株式とTOPIX先物について、下記にまとめました。

株式の取引時間
9:00 - 11:00 ⇒ 9:00 - 11:30
12:30 - 15:00 ⇒ 12:30 - 15:00

TOPIX先物&ミニTOPIXの取引時間
9:00 - 11:00 ⇒ 9:00 - 11:35
12:30 - 15:10 ⇒ 11:45 - 15:15
16:30 - 19:00 ⇒ 16:30 - 23:30


変更箇所を、ひとつづつ見ていきます。

・株式 前場
引けが11:00から11:30まで延長。

・TOPIX先物 前場
引けが、11:00から11:30まで30分間延長。
さらに、11:30から11:35まで「クロージングオークション」5分間追加。

・TOPIX先物 後場
寄りが、12:30から11:45に45分間前倒し。
引けに、15:00から15:05まで「クロージングオークション」5分間追加。

・TOPIX イブニングセッション
引けが、19:00から23:25に4時間25分延長。
さらに、23:25から23:30まで「クロージングオークション」5分間追加。


株式は、前場が30分伸びただけなので、難しくありませんね。
TOPIX先物は、時間延長の他に、「クロージングオークション」の導入があります。実質、引成を実現する便利な制度ですね。すでに大証 225先物で導入されているので、すぐに慣れることができると思います。

今回の変更で、個人投資家にとって最もよかった点は、前場・後場の概念を残しているところです。
常に場を見ていられる投資家以外は、発注を確実に約定させるためには、気配値にぶつけていくか、引成等を使います。指値で待っていては約定しない可能性があるためです。ただし、気配値にぶつけると1ティック分不利になる、と考えることもできます。そのため、引成注文にも高い需要があります。
引成には、日中、前引けと後場引け(大引け)の2回、出せるチャンスがあります。これが一場制になると、大引けの1回に減ってしまいます。しかし今回、前場と後場の概念が残ったので、昼にも発注が可能です。これは大変助かることです。

TOPIX先物の風を感じますね。

225先物だけでなく、TOPIX先物も売買してみてはいかがでしょうか。
カブドットコム証券SBI証券などで売買できます。
| - | 08:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
大証も、そうですね…

ヒカルさん、ご無沙汰しております…(苦笑)
| やまびこ | 2011/11/27 6:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikaru225.com/trackback/1034704
トラックバック