CATEGORIES
著書
気づきの投資術
気づきの投資術
(Amazon 1位獲得)




楽天で探す
楽天市場


<< ライフデザイン教室再入会について | main | 世界に一つだけの机 >>
国債は海外が買っているうちは安全。
去年あたりから、「国債は国内で消化されているから安全。しかし海外比率が増えたら危険」と危機をあおるかのようなフレーズをよく耳にします。
しかし、おかしい。
確かに、海外比率は過去最高の8%超ですが、合理的思考の海外勢が買いに来るうちは安全。逆に、海外比率が低下に転じ、国内の銀行だけが財務省に言われるがままに購入するようになった時は危険。それこそ地獄のラッパが吹き鳴らされたも同然です。
とはいえ現状は、破綻リスクを示すCDSもわずかに上昇傾向ではあるもののまだ極めて低い水準。
むしろ危険なのは、慌てて、おかしな資産運用やリスクヘッジをしてしまうこと。
淡々と。

明日はストップ高で持ち越した銘柄がどうなっているか...
| - | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikaru225.com/trackback/1034994
トラックバック