CATEGORIES
著書
気づきの投資術
気づきの投資術
(Amazon 1位獲得)




楽天で探す
楽天市場


<< てっぺんまでもうすぐ | main | 2008チャリティー企画展 「傘日和」 >>
僕の子供たちへ 6 「もし君が投資をするなら」
もし君がいつか投資をするなら、
私には夢がある。

君が、
規律を持ち、
規律を守り、
そして、利益を上げること。

私には夢がある。
君が、
経済的自由と、
時間的自由と、
そして、精神的自由とを手に入れること。

私には夢がある。
君と、
君の家族と、
そして、世界の全ての人々が、
不安なく幸せに生きる日が来るということ。

それが私の夢だ。
| 僕の子供たちへ | 01:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
なんてコメントに現したいか分からないけど
コメントしたい衝動に駆られました。
ありがとうございます。
| お花畑 | 2008/12/08 11:47 AM |
市場はゼロサムだとすると自分が儲ける裏には負ける人がいるということは、相場で自分が幸せになるためには相場で不幸になる人が必要ということではないでしょうか?
| 悩める牛 | 2008/12/31 10:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hikaru225.com/trackback/896971
トラックバック